So-net無料ブログ作成
検索選択
ドイツ ブログトップ

単一畑のリースリングで造るシュタインベルガー [ドイツ]

ヒュー・ジョンソン著「ワイン物語(中)」(2008年、平凡社)によると、三十年戦争によってドイツのワイン産業は壊滅的な被害を受けました。ワイン産業の復活にいち早く取り組んだのは教会でした。教会は植えつけるぶどうの品種として、栽培が容易で収穫量の多い品種ではなく、質の高いワインを造ることができるリースリングを選びました。

ラインガウ地域のハッテンハイム(Hattenheim)という村にシュタインベルグ(Steinberg)というぶどう畑があります。シュタインベルグは古くからエーベルバッハ修道院(Kloster Eberbach、http://kloster-eberbach.de/ )が所有していました。

三十年戦争(1618年〜1648年)のとき、スウェーデン王グスタフ・アドルフはドイツ(神聖ローマ帝国)に攻め込んだ際にエーベルバッハ修道院を本拠地として使いました。兵士たちが占拠していた間に、修道院の酒蔵にあったワインは飲みつくされ、ぶどう畑も荒れ放題になったことと想像されます。

三十年戦争後にシュタインベルグにリースリングを植え付けたのは、シトー会修道院の人々です。シュタインベルグで収穫したぶどう(リースリング)から造ったワインは、畑の名前にerをつけてシュタインベルガー(Steinberger)と呼ばれます。フランス・ワイン風に解釈するとモノポールです。シュタインベルガーは素晴らしいワインで、ドイツ帝国の鉄血政策で知られる宰相ビスマルクが愛飲したというお話しがあります。

エーベルバッハ修道院は、1136年に創立され、1803年まで続きました。現在は修道院もワイン醸造所もヘッセン州が運営しているようです。

nice!(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ドイツに13のワイン産地 [ドイツ]

ドイツはぶどうの栽培が難しい冷涼な気候にもかかわらず品質の高いワインを一生懸命に造っている印象があります。

EUのワイン法で「テーブルワイン」に相当するドイツのワインはTafelwein(ターフェルヴァイン)とLandwein(ランドヴァイン)ですが、これらのポピュラーなワインの生産量はわずかです。

ドイツのワインのほとんどは特定地域で栽培されたぶどうだけを使う質の高いワインです。ドイツの高級ワインはQbA(クーベーアー)とPradikatswein(プレディカーツヴァイン)に分類され、プレディカーツヴァインはさらにぶどうの糖度によって6つに分類されています(http://wine001.blog.so-net.ne.jp/2011-10-16)。

QbAはQualitaetswein bestimmter Anbaugebiete(クヴァリテーツヴァイン・ベシェティムター・アンバウゲビーテ)の略です。Qualitaetsweinは「クオリティの高いワイン」、bestimmterは「特定の」、Anbaugebieteは「栽培地域」という意味です。

特定栽培地域は13あります。そのうち11地域は南ドイツにあります。残り2つの地域は旧東ドイツに属していた地域です。
 
 ドイツ ワイン 地図90.png

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シュペートブルグンダーはピノ・ノワール [ドイツ]

この6月に南ドイツに行きます。フランクフルトミュンヘン、ケルンなどを回る予定です。

ドイツと言えば飲み物はビールワインなら甘口の白ワインというイメージがあります。

ドイツは甘口ワインだけでなく、辛口の白ワインも造っています。生産量で言えば辛口は甘口の2倍強も造られています。

ドイツには赤ワインもあります。使われている品種はシュペートブルグンダー(Spätburgunder)です。シュペートは「遅い」、ブルグンダーは「ブルゴーニュ」です。シュペートブルグンダーはピノ・ノワールのドイツ名です。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

レカロのシートでリースリングを [ドイツ]

成田とEUとの行き来でルフトハンザ航空を利用しました。ルフトハンザ航空はドイツが誇るエアラインです。シートはRecaro(レカロ)社製です。Recaro(レカロ)社はドイツのシートメーカーで、スポーツカーなどのシートでも名が知られています。

さて、機内でサービスされたワインは5種類でした。あまり多いとは言えませんが、さすがルフトハンザ航空と思わせたのは、その中にリースリングがあったことです。

私もドイツに敬意を表する意味でリースリングを飲みました。とろりとした甘いワインなので、1杯(いっぱいではなく、a glass ofです)で十分でした。

サービスされていたワインの銘柄は「Riesling trocken, Collection Schloss Schnait」。Schloss Schnait社が造るリースリング・ワインです。

ドイツのワインはぶどう果汁の糖度によって格付けされています。Trockenbeerenauslese(トロッケンベーレンアウスレーゼ)は最高格付けのQmP(クーエムペー)の中でも最も糖度の高い等級です。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大人気だったドイツ・ワイン [ドイツ]

私が普段、ワインを買うお店には、フランスイタリア、スペイン、カリフォルニアオーストラリア、チリ、アルゼンチン、南アフリカなどのワインが並んでいます。ところが、ドイツ・ワインはなかなか見つけることができません。

ドイツ・ワイン法ではQmPクラスの補糖を認めていません。しかし、下のクラスのワインでは補糖が認められており、アルコールに変化しなかった糖分がワインに残ることも許しているようです。

1970年ころまで、ドイツの甘口ワインは日本ではとても好まれていたといいます。当時のワインの飲み方は食間酒としてではなく、デザートワインとして飲まれていたと思われます。甘味ぶどう酒になじんでいた当時の日本人にとって、甘口ワインは受け入れやすかったのかもしれません。

これは1980年代のCMです。モーゼルのリースリング白ワインを薦めています。

http://www.youtube.com/watch?v=DcV7CREWw54&feature=related


nice!(28)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ぶどうの糖度重視のドイツ・ワイン法 [ドイツ]

EUワイン法はワインを「VQPRD」と「テーブルワイン」の2つに分類しています。VQPRDはVin de Qualities Produits dans des Regions Determinees(ヴァン・ド・カリテ・プロデュイ・ダン・デ・レジオン・デテルミネ)の略称です。日本では「地域指定優良ワイン」と訳されています。

EU加盟各国のワイン法はEUワイン法に整合する形で定められています。フランスはテロワール(その土地固有の土壌や気候)に着目した格付けを採用しています。イタリアやスペインもフランスと似た考え方を採用しています。

ドイツのワイン法ではぶどう果汁の糖度に着目して格付けします。ドイツワイン法ではVQPRDをプレディカーツヴァインとQbAの2つに分けます。プレディカーツヴァイン(Prädikatswein)は2007年までQmP(クーエムペー、Qualitatswein mit Prädikat)と呼ばれていました。QbA(クーベーアー)はQualitatswein eines bestimmten Anbaugebietes(クヴァリテーツヴァイン・アイネス・ベシュティムテン・アンバウゲビーテス)の略称です。

プレディカーツヴァインはフランスワイン法のAOCに相当する最高級ワインです。原料にする果汁の糖度の低い順から、Kabinett(カビネット)、Spatlese (シュペトレーゼ)、Auslese(アウスレーゼ)、Beerenauslese(ベーレンアウスレーゼ)、Eiswein(アイスヴァイン)、Trockenbeerenauslese(トロッケンベーレンアウスレーゼ)の6等級に分けられています。

表にするとこんな感じです。
Germany.png 

 Kabinettの語源は、ぶどうの当たり年だった1811年にSteinbergerという名前の畑を所有していたワイン製造者がその年のワインを「Steinberger Auslese Cabinet」という名前で出荷したのが語源とされています。Ausleseは「選び抜いた」というような意味です。Spatはドイツ語で「遅い」を意味します。Spatleseは完熟したぶどうを遅摘みしたものを圧搾して発酵させます。Ausleseは房単位で選別しますが、Beerenausleseはぶどうの房から良い粒だけを選びます。Trockenは「干した」という意味です。

ドイツはフランスよりも冷涼な地域です。糖度の高いぶどうを得ることは簡単ではないはずです。それだからこそ、ドイツのワイン法は「遅摘み」、「選別」、「干す」、「凍らす」などのあらゆる手段を駆使して、ぶどうの糖度を重視するのかもしれません。

補糖(http://wine001.blog.so-net.ne.jp/archive/20110814)という方法もあります。でも、ドイツ・ワイン法では許されていません。

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理
ドイツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。