So-net無料ブログ作成

シラー100%がAOCルールのコルナス [ローヌ]

エルミタージュやサン・ジョゼフでは専らシラー100%の赤ワインが造られてるものの、AOC(原産地統制呼称)の規則としてはシラーをメインに白ぶどうを混ぜて造ることを許しています。

コルナス(Cornas)はルールとしてシラー100%の赤ワインのみを認めているAOCです。コルナスのぶどう畑の面積は全体でも125ヘクタールしかありません。さほど広いAOCではありませんが、作られているワインは造り手によって性格が違います。

伝統的な手法の造り手の代表格はドメーヌ・オーギュスト・クラープ(Domaine Auguste Clape)だと言われます。茎のついたままのぶどうの実を自然酵母を使って発酵させ、古樽の中で長期熟成させる造りかたです。

一方、革新派の代表格とされるのは、1980年代初期に醸造コンサルタントとしてスタートしたジャン・リュック・コロンボ(Jean-Luc Colombo)が経営するドメーヌとネゴシアンです。完全に除梗(茎を除くこと)し、すべて新樽を使って熟成しています。

nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シラーによる赤ワインのサン・ジョゼフ [ローヌ]

サン・ジョゼフ(Saint-Joseph)はローヌ川の右岸に広がるAOC(原産地統制呼称)です。AOCが成立した1956年6月、このAOCに含まれる村は6つ、ぶどうの栽培面積は90ヘクタールでした。

1970年代と80年代にサン・ジョゼフはぶどうの栽培面積を大きく広げ、ワインの質を低下させてしまいました。この反省から、90年代に入り、AOCとしての作付け面積は縮小されました。現在の作付け面積は900ヘクタールほどです。

サン・ジョゼフで造られているワインは赤ワインが9割、白ワインが1割です。赤ワインはAOCのルールではシラー(Syrah)に10%までマルサンヌ(Marsanne)とルーサンヌ(Roussanne)という白ぶどうを混ぜることができますが、実際にはほとんどの赤ワインはシラー100%で造られています。

昔のことですが、この地域にあるぶどう畑の一つをイエズス会が保有しており、その畑にはサン・ジョゼフ(Saint-Joseph)すなわち聖母マリアの夫、「聖ヨゼフ」という名前が付けられていました。サン・ジョゼフというAOCの名前は、このぶどう畑の名前に由来します。

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コンドリューはヴィオニエの原産地 [ローヌ]

コンドリュー(Condrieu)はヴィオニエ(Viognier)による白ワインのAOC(原産地統制呼称)です。このAOCにはコンドリューという名の村のほか、6つの村を含んでいます。

AOCコンドリューもローヌ地方の多くのAOCと同じく、ワイン造りが成長したのは1970年代以降です。60年代までヴィオニエの作付け面積はわずか10ヘクタールほどでした。作付け面積は80年代に増加に転じ、90年代以降に急増しました。現在は130ヘクタールほどに達しています。

コート・ロティ(Cote-Rotie)の名声を高めるのに貢献したマルセル・ギガル(Marcel Guigal)はコンドリューでも大きな役割を果たしました。ネゴシアンとしてのギガルはコンドリューの農家からぶどうを買い集めてワインを造っています。

ヴィオニエという品種の白ぶどうはコンドリューが原産地です。花は咲いても結実しなかったり、うどんこ病にかかりやすかったり、収穫時期を的確に選ばないと香りの乏しいワインになってしまったりするため、栽培の難しい品種とされています。かつては北部ローヌで広く栽培されていましたが、フランスのぶどう畑がフィロキセラという害虫によって壊滅的な被害を受けた1800年代半ば以降、収穫量を確保しにくいヴィオニエの作付け面積は激減しました。

1980年代にローヌの赤ワインが人気を得たことを背景に、ヴィオニエも注目されるようになりました。作付け面積は北部ローヌだけでなく、フランス南部のラングドック(Languedoc)でも1990年代に急増しました。また、カリフォルニアやオーストラリアにも持ち込まれています。

ヴィオニエの2000年の作付け面積はフランス全体では2360ヘクタールに達しています。このうちAOCワインになっているヴィオニエはごくわずかで、ほとんどはAOCワインよりも格下のヴァン・ド・ペイ(Vin de pays)つまり安価な地酒に造られています。

nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コンドリューに囲まれるシャトー・グリエ [ローヌ]

AOCシャトー・グリエ(Chateau-Grillet )はAOCコンドリュー(Condrieu)に囲まれています。ぶどう畑はわずか3.8ヘクタールの広さしかありません。コンドリューの中で特に優れた畑を一つのAOCとして独立させているように見えます。

シャトー・グリエはヴィオニエによる白ワインのAOCです。このAOCでワインを造っているワイン生産者は1社しかありません。AOCと同じ名前のシャトー・グリエというワイナリーです。

ぶどう畑が1社によって占有されているAOCはほかにもあります。ヴォーヌ・ロマネ村の6つのグランクリュはそれぞれがAOCになっていますが、そのうち4つはモノポール(monopole)すなわち1社のオーナーが占有する畑です(http://wine001.blog.so-net.ne.jp/2012-12-05)。

シャトー・グリエで造られる白ワインが、一般的な750mlのボトルを使うようになったのは1988年からです。それ以前は700mlのボトルを使っていました。ボトルのラベルには「Neyret-Gachet」(ネイエ・ガシェ)というワイナリーのオーナー家の名前が記載されています。ネイエ・ガシェ家は1830年からこのワイナリーを所有していました。

シャトー・グリエは2011年にフランソワ・ピノー(Francois Pinault)氏によって買収されています。フランソワ・ピノー氏はボルドー・メドック地区ののシャトー・ラトゥール(Chateau Latour)のオーナーです(http://wine001.blog.so-net.ne.jp/2012-03-28

nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

エルミタージュは北部ローヌの代表格 [ローヌ]

北部ローヌのAOCエルミタージュ(Hermitage)はローヌ川の左岸にあります。ぶどう畑は丘の南斜面に広がっています。

エルミタージュは18世紀から優れたワインの産地として知られてきました。19世紀半ばまでボルドーの特級ワインにはエルミタージュのワインをブレンドするものもあったほどです。

エルミタージュはシラー(Syrah)を主体とする赤ワインとルーサンヌ(Roussanne)やマルサンヌ(Marsanne)による白ワインのAOCです。赤ワインはAOCの定めるルールではぶどうの品種はシラーを主体に白ぶどうのルーサンヌやマルサンヌを15%まで混ぜて造ることができます。しかし、エルミタージュの赤ワインといえば、シラー100%のワインが主流になっている印象があります。

エルミタージュではぶどうの当たり年にヴァン・ド・パイユ(Vin de Pille)という甘口ワインが造られます。収穫した白ぶどうを乾燥させた後に搾汁します。「ヴァン」はワイン、「パイユ」は藁(わら)です。ヴァン・ド・パイユという名前は、昔は藁の上でぶどうを乾燥させたことに由来しています。

ヴァン・ド・パイユはフランスではジュラ地方でも造られています。イタリアではレチョートという名前で同じようなワインが造られています(http://wine001.blog.so-net.ne.jp/2011-10-13)。

エルミタージュの周囲はAOCクローズ・エルミタージュ(Crozes-Hermitage)です。クローズ・エルミタージュのワインはエルミタージュのワインに比べ安価ですが、この数十年の間にワインの質を大幅に高めたと言われます。
 
北部ローヌ.jpg

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シラーとヴィオニエを混醸するコート・ロティ [ローヌ]

北部ローヌを高級ワイン生産地として印象づけているAOC(原産地統制呼称)の代表格は、エルミタージュ(Hermitage)とコート・ロティ(Cote-Rotie)です。

コート・ロティは「焼けた丘」という意味で、コート・デュ・ローヌの最北端に位置するAOCです。ローヌ川の右岸に広がる東向きの丘がぶどう畑になっています。

エルミタージュは古くからワインの名醸地として知られていましたが、コート・ロティが評価を高めたのは1970年代以降です。それ以前は地元で消費されるカジュアルなワインの産地として位置づけられていました。

1946年にネゴシアンとして創業したギガル(Guigal)社を2代目として引き継いだマルセル・ギガル(Marcel Guigal)は、ワインの品質を向上させつつ、ネゴシアンとしてもドメーヌとしてもギガルを発展させ、コート・ロティの評価を高めるのに貢献したと言われます。ギガル社はコート・ロティに3つのぶどう畑、ラ・ムーリンヌ(La Mouline)、ラ・ランドンヌ(La Landonne)、ラ・テュルク(La Turque)を持ち、これらの畑で栽培したぶどうだけを使ったワインも造っていま(http://wine001.blog.so-net.ne.jp/2011-08-24)。

コート・ロティは赤ワインのAOCです。赤ワインはシラー(Syrah)をメインに白ぶどうのヴィオニエ(Viognie)を20%まで混ぜることが許されています。「混ぜる」といっても赤ワインと白ワインを混ぜるのではなく、シラーとヴィオニエを一緒に醸造(混醸、co-fermentation)します。白ぶどうを混醸する赤ワインはちょっと珍しい存在ですが、ローヌの他のAOCでも行われています。

Marcel Guigalがワインの品質を高めた1970年代、アメリカのワイン評論家、ロバート・パーカーがシラーを使ったコート・ロティのワインに高い評点を与えたことで、シラーというぶどう品種も注目されるようになりました。

オーストラリアではシラーをシラーズ(Shiraz)と呼び、カベルネ・ソーヴィニヨンと混醸したワインを造っています(http://wine001.blog.so-net.ne.jp/2011-08-11)。コート・ロティのシラーとヴィオニエの混醸にヒントを得たと想像されます。

nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

気候もワインも違うローヌの北と南 [ローヌ]

スイスに源があるローヌ川はフランスの南部を北から南に流れています。ローヌ川を南(下流)から北(上流)にたどると、プロヴァンス、コート・デュ・ローヌ、ブルゴーニュとワインの生産地が分布しています。

コート・デュ・ローヌ(Cotes du Rhone)はAOC(原産地統制呼称)名です。主力は赤ワインですが、少量ながら白やロゼも造られています。

北部ローヌ(ローヌ・セプタントリオナル、Rhône Septentrional)と南部ローヌ(ローヌ・メリディオナル、Rhône Meridional)では気候もワインのスタイルも違います。北部ローヌは南部ローヌに比べぶどうの栽培面積が10分の1くらいしかありませんが、南部よりも高級なワインを造っている印象があります。

北部ローヌの気候は大陸性気候。栽培されている主なぶどう品種は黒ぶどうがシラー(Syrah)、白ぶどうがヴィオニエ(Viognier)、ルーサンヌ(Roussanne)、マルサンヌ(Marsanne)です。

南部ローヌの気候は地中海性気候です。南部では20種類以上のぶどうが栽培されています。主な品種は黒ぶどうがシラー、グルナッシュ(Grenache)、ムールヴェードル(Mourvedre)、白ぶどうはルーサンヌ、マルサンヌのほか、多数の補助品種が栽培されています。


nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ミュズレが発明されたのは1844年 [シャンパーニュ]

シャンパーニュのコルク栓は針金のついた王冠でしっかりと押さえられています。この針金付きの王冠、ミュズレ(muselet)を発明したのはAdolphe Jaquesson(アドルフ・ジャクソン)という人です。1844年のことです。

Jaquesson(ジャクソン)は本拠地をDizy村に置く、1798年に創業したネゴシアンです。ミュズレを発明したアドルフは2代目ですが、アドルフの没後、ネゴシアンJaquessonの経営権はJaquesson家から離れています。

ミュズレはフランス語(muselet)です。これに相当する英語はmuzzleですが、muzzleというとスパークリング・ワインの栓よりも犬などの口輪を思い浮かべてしまいます。

nice!(37)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Brutは辛口シャンパーニュ [シャンパーニュ]

ボトル内で2次発酵が済み、澱抜きした後に加える「門出のリキュール」は、蔗糖をワインに溶いたものです。このときに加える蔗糖の量によってシャンパーニュの甘さが調整されます。

19世紀の初めころ、シャンパーニュは甘いものが好まれていました。シャンパーニュの生産量は19世紀に大きく伸びましたが、甘さに対する好みも甘口から辛口へと変化しました。

シャンパーニュのラベルには甘辛度が表示されています。今、最もポピュラーなのはBrut(ブリュット)だと思われます。Brutは「生の」という意味のフランス語で、辛口であることを意味しています。1リットル当たりの糖分が15g以下であることを表示しています。もともとはシャンパーニュに使われた用語ですが、スペインやイタリアなどのスパークリング・ワインでも甘辛度を表示する用語として使われています。

Brutよりも辛口で、糖度が1リットル当たり6g以下のものはExtra Brut、3g以下のものはBrut Natureと表示されます。また、ExtraとかNatureという単語の代わりにメーカーが独自に決めた用語を使っているケースもあります。

Brutよりやや甘いものはSec(セック)と表示されます。Secよりさらに甘いものはDoex(ドゥー)です。

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スポンッとデゴルジュマン [シャンパーニュ]

ルミアージュ(動瓶)によってボトルの口付近に集めた澱を抜く作業をデゴルジュマン(dégorgement)と言います。デゴルジュマンには「出血」という意味があります。

デゴルジュマンは次のように行います。まず、ボトルを倒立させた状態で、口の部分をマイナス20度以下の塩化カルシウム水溶液に浸します。すると、口の付近に集まった澱が凍ります。そこで、王冠を抜くと、スポンッと澱が飛び出します。デゴルジュマンは機械で行うのが普通ですが、手作業で行うケースもあります。

澱が抜けたことでボトルに少し隙間ができます。そこに蔗糖をワインに溶かしたリキュールを注ぎます。これをドザージュ(dosage、補酒)と言います。目減りした分を補いつつ、シャンパーニュの甘さを調整します。ドザージュは「投薬」という意味の味も素っ気もない言葉ですが、補うリキュールのことは「門出のリキュール」(Liqueur d'Expedition)などと呼びます。

nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。