So-net無料ブログ作成
検索選択

単一畑のリースリングで造るシュタインベルガー [ドイツ]

ヒュー・ジョンソン著「ワイン物語(中)」(2008年、平凡社)によると、三十年戦争によってドイツのワイン産業は壊滅的な被害を受けました。ワイン産業の復活にいち早く取り組んだのは教会でした。教会は植えつけるぶどうの品種として、栽培が容易で収穫量の多い品種ではなく、質の高いワインを造ることができるリースリングを選びました。

ラインガウ地域のハッテンハイム(Hattenheim)という村にシュタインベルグ(Steinberg)というぶどう畑があります。シュタインベルグは古くからエーベルバッハ修道院(Kloster Eberbach、http://kloster-eberbach.de/ )が所有していました。

三十年戦争(1618年〜1648年)のとき、スウェーデン王グスタフ・アドルフはドイツ(神聖ローマ帝国)に攻め込んだ際にエーベルバッハ修道院を本拠地として使いました。兵士たちが占拠していた間に、修道院の酒蔵にあったワインは飲みつくされ、ぶどう畑も荒れ放題になったことと想像されます。

三十年戦争後にシュタインベルグにリースリングを植え付けたのは、シトー会修道院の人々です。シュタインベルグで収穫したぶどう(リースリング)から造ったワインは、畑の名前にerをつけてシュタインベルガー(Steinberger)と呼ばれます。フランス・ワイン風に解釈するとモノポールです。シュタインベルガーは素晴らしいワインで、ドイツ帝国の鉄血政策で知られる宰相ビスマルクが愛飲したというお話しがあります。

エーベルバッハ修道院は、1136年に創立され、1803年まで続きました。現在は修道院もワイン醸造所もヘッセン州が運営しているようです。

nice!(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 39

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。