So-net無料ブログ作成
検索選択

シベリア上空でドゥーツのシャンペン [フランス]

6月下旬、成田とパリとの行き来でエールフランス航空を利用しました。機内では4種類のワインがサービスされていました。

離陸して約2時間後、シベリア上空を飛行中に、ワインやジュースなどのサービスが始まりました。まず、シャンペンをいただきました。シャンペンは「ドゥーツ・ブリュット・クラシック」(Deutz Brut Classic )という銘柄のものです。ドゥーツ社はシャンパーニュ地方のほぼ中央に位置するAy村でシャンパンを造っています。

アメリカの歌手、マドンナはドゥーツ社のプレステージ・キュベ(吟味したぶどうの一番搾りで造るシャンペン)を愛飲しているそうですが、私が味わった「ドゥーツ・ブリュット・クラシック」は、ドゥーツ社で最も売れているシャンペンです。Brutはやや辛口であることを意味しています。
 
エッフェル塔無題.jpg

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。