So-net無料ブログ作成

南部ローヌに近いレ・ボー・ド・プロヴァンス [プロヴァンス]

レ・ボー・ド・プロヴァンス(Les Baux de Provence)は1995年に成立したAOC(原産地統制呼称)です。このAOCには7つの村が含まれています。レ・ボー・ド・プロヴァンスはこの中の一つの村の名前です。

アルルとアヴィニョンを結ぶ国道N570は、どのような事情か分かりませんが、2006年にD570Nという県道に格下げになりました。レ・ボー・ド・プロヴァンスのぶどう畑はアルルとアヴィニョンの中間辺りにあり、県道D570Nの東に広がっています。

レ・ボー・ド・プロヴァンスはプロヴァンス地方に属するAOCですが、北にわずか30キロの位置には南ローヌを代表するAOC、シャトーヌフ・デュ・パプがあります。

レ・ボー・ド・プロヴァンスは赤、白、ロゼを造っています。ロゼの生産量は全体の4分の1程度です。主力は赤です。ぶどうの主力品種は南部ローヌと同じで、グルナッシュ、シラー、ムールヴェードル、サンソーです。

ここではオルガニック農法とかバイオダイナミックスと呼ばれるぶどうの有機農法が盛んです。10年以上も前から、有機栽培をAOCのルールに組み込むことをINAO(Institut national de l'origine et de la qualité)に働きかけています。INAOはフランスの原産地呼称制度を管理する組織です。

アルミニウムの鉱石をボーキサイト(Bauxite)と呼びますが、これはボーキサイトが1821年にレ・ボー・ド・プロヴァンス(Les Baux de Provence)で発見されたことに由来しています。ボーキサイトはすでに掘り尽くされ、現在のレ・ボー・ド・プロヴァンスはワインと観光の町になっています。

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。