So-net無料ブログ作成
検索選択

ロゼが7割超を占めるプロヴァンス地方 [プロヴァンス]

プロヴァンス(Provence)地方には8つのAOCがあります。

①ベレ(Bellet)
コート・ド・プロヴァンス(Côtes de Provence)
③コトー・ヴァロワ(Coteaux Varois)
④バンドール(Bandol)
⑤カシ(Cassis)
⑦コトー・デクサン・プロヴァンス(Coteaux d'Aix-en-Provence)
⑧レ・ボー・ド・プロヴァンス(Les Baux de Provence)

それぞれ、赤、白、ロゼを造っていますが、プロヴァンス全体ではロゼが生産量の7割以上を占めています。赤は2割、残りが白です。プロヴァンスのロゼはフランスで生産されるロゼの半分を占めています。

8つのAOCはそれぞれ、1936年から1995年の間に成立しました。ぶどうの栽培面積も違います。ベレ、バンドール、カシ、パレットの4つのAOCはぶどうの栽培面積が小さく、これら4つのAOCのワインはプロヴァンス・ワインの中で高く評価される傾向があります。

プロヴァンス地方のロゼと赤に使われているぶどう品種は、グルナッシュ(Grenache)、ムールヴェードル(Mourvèdre)、サンソー(Cinsault)、シラー(Syrah)などです。

プロヴァンス地方の東側はコート・ダジュール(Côte d'Azur)という名で知られる観光地です。私はこの6月にニースを訪問し、現地でロゼを味わう予定です。
 
プロヴァンス2.png

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。