So-net無料ブログ作成
検索選択

ミュスカで造る天然甘口ワイン [ローヌ]

ミュスカ・ド・ボーム・ド・ヴニーズ(Muscat de Beaumes de Venise)はVDN(vin doux naturel)を造っているAOCです。

VDNは発酵途中のワインブランデーを加えて造る酒精強化ワインです。日本では「天然甘口ワイン」と訳されたりしています。

ミュスカ・ド・ボーム・ド・ヴニーズはミュスカというぶどうを使っています。ミュスカはマスカットのフランス語読みです。イタリアではモスカートという読みになります。

ミュスカ(マスカット)にはいくつかの亜種があります。日本で見るマスカットはマスカット・オブ・アレキサンドリア(Muscat of Alexandria)という大粒の白ぶどうです。VDNに使われているミュスカはミュスカ・ブラン・ア・プティ・グラン(Muscat Blanc a Petits Grains)という小粒の白ぶどうです。

ボーム・ド・ヴニーズ村はVDNのほかに赤、白、ロゼも造っています。赤ワインは以前はコート・デュ・ローヌの約90の村を含むAOC、コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ(Côtes du Rhône Villages)を名乗っていましたが、2005年に独立したAOC、ボーム・ド・ヴニーズを取得しました。

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。