So-net無料ブログ作成
検索選択

ぶどうの糖度重視のドイツ・ワイン法 [ドイツ]

EUワイン法はワインを「VQPRD」と「テーブルワイン」の2つに分類しています。VQPRDはVin de Qualities Produits dans des Regions Determinees(ヴァン・ド・カリテ・プロデュイ・ダン・デ・レジオン・デテルミネ)の略称です。日本では「地域指定優良ワイン」と訳されています。

EU加盟各国のワイン法はEUワイン法に整合する形で定められています。フランスはテロワール(その土地固有の土壌や気候)に着目した格付けを採用しています。イタリアやスペインもフランスと似た考え方を採用しています。

ドイツのワイン法ではぶどう果汁の糖度に着目して格付けします。ドイツワイン法ではVQPRDをプレディカーツヴァインとQbAの2つに分けます。プレディカーツヴァイン(Prädikatswein)は2007年までQmP(クーエムペー、Qualitatswein mit Prädikat)と呼ばれていました。QbA(クーベーアー)はQualitatswein eines bestimmten Anbaugebietes(クヴァリテーツヴァイン・アイネス・ベシュティムテン・アンバウゲビーテス)の略称です。

プレディカーツヴァインはフランスワイン法のAOCに相当する最高級ワインです。原料にする果汁の糖度の低い順から、Kabinett(カビネット)、Spatlese (シュペトレーゼ)、Auslese(アウスレーゼ)、Beerenauslese(ベーレンアウスレーゼ)、Eiswein(アイスヴァイン)、Trockenbeerenauslese(トロッケンベーレンアウスレーゼ)の6等級に分けられています。

表にするとこんな感じです。
Germany.png 

 Kabinettの語源は、ぶどうの当たり年だった1811年にSteinbergerという名前の畑を所有していたワイン製造者がその年のワインを「Steinberger Auslese Cabinet」という名前で出荷したのが語源とされています。Ausleseは「選び抜いた」というような意味です。Spatはドイツ語で「遅い」を意味します。Spatleseは完熟したぶどうを遅摘みしたものを圧搾して発酵させます。Ausleseは房単位で選別しますが、Beerenausleseはぶどうの房から良い粒だけを選びます。Trockenは「干した」という意味です。

ドイツはフランスよりも冷涼な地域です。糖度の高いぶどうを得ることは簡単ではないはずです。それだからこそ、ドイツのワイン法は「遅摘み」、「選別」、「干す」、「凍らす」などのあらゆる手段を駆使して、ぶどうの糖度を重視するのかもしれません。

補糖(http://wine001.blog.so-net.ne.jp/archive/20110814)という方法もあります。でも、ドイツ・ワイン法では許されていません。

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。